1月も終わりですね

2010年も、あっという間の1月でした。

皆様週末いかがお過ごしでしょうか?

 

1月はお正月、初詣、仕事はじめ、新年会・・・といろいろ忙しい方も多かったのではないでしょうか。

振り返ってみると、私の2010年は、いつもながら今年になっても続いた年賀状書きから始まりました。

 

 

年賀状・賀正・謹賀・恭賀・・・

「多賀城」にも入っているこの「賀」の意味。

今さらながら調べてみたら、

賀・・・よろこぶ、いわう(『漢語林』大修館書店より)

という意味なんですね。

 

ということは、多賀城って「よろこびが多い地」(城は城壁をめぐらした町(『漢語林』より)

 

いい名前の地名ですね~。

 

遠い昔「土地の名前は縁起のよい名前にしなさい」という国家的命令があったそうですが、それでも幸せな名前♪

 

 

―お祝い―

自分がされるのももちろんですが、祝われた主役の少し照れた嬉しそうな顔を見るのも大人になって知った「小さな幸せ」です。

 

特に、大人の誕生日。

生年月日でみる占いもあるのだから、前日に生まれた人とも運勢は違う!

ということは、もしも1日違って生まれていたなら、仲のいい友達とも会ってなかったのかもしれない!と考えると、すごく大切な日ですよね。

 

今ではなかなか会えない友人に「今日この日に生まれてくれてありがとう!そしてお誕生日おめでとう!」とカードやハガキを書く時。

その人と会って得た楽しい時間をたくさん思い出して、カードを書いている自分も楽しくなります。

 

だから、ハガキやカードにはたくさんの幸せが詰まってる!

 

多賀城に限らず『「おめでとう」と誰かのお祝いをすることが多い地域』が増えたら、皆毎日ウキウキ楽しそうな印象もありますね。

 

もちろん、世の中楽しいことばかりではないけれど、誰かを喜ばす幸せを見つけられたら、2010年は気持ち豊かになりそうだな~、と考えたのでした。

 

明日からは、また新しい月の始まり。

新年ほどではなくても、その月最初の日をちょっと大事にしてみながら過ごしてみるのもいいかもしれませんね。

 

100131.jpg 

 

100131_2.jpg 

 

写真は中沢しのぶさん作 ティン缶入りグリーティングカード。

4柄10セットのカードと、カードに使える参考一言がセットで入っています。

カード、気の利いた言葉を出すのって結構大変なので、助かるセットです♪