分かり難くてごめんなさい

ギャラリーに初めていらっしゃるお客様からよく言われます。

「開いているのかどうか、分かり難い」と。

 

 

というのも、日中ギャラリーを外から見ると、ガラスに景色が写ってしまい、中の様子が見え難いです。

理由は、ガラスに紫外線防止シートを貼っているせいなんです。

 

 

この建物、東側を向いていて、朝日がとっても気持ちよくあたるのですが、あまり作品には嬉しくないのです。(特に絵画や紙の雑貨)

ギャラリー自体が閉じられた空間のように思われがちなので、窓から中が覗けるようにしたい!と思っていたのですが、泣く泣くシートで遮断です・・・。

 

 

そんな、分かり難いギャラリーなので、ちょっとだけ「見分ける方法」を。

 

まず、閉廊時。

100330_1.jpg

 

隣の家がしっかり写って、見難い画像ですが、中の木のブラインドが閉まっていて、窓が茶色になっています。

 

オープン時は

かすかに中が見えてます。ブラインドが開いてます。

本当に分かり難くてごめんなさい!

 

一応、小さいですが外にOPEN札も出ています。

100330_2.jpg

下の台の上に乗っかっているヤツです。

 

ずっと、何かいい方法がないか探しているのですが、なかなか見つかっておりません。

しばらくは「ブラインドの茶色になってなければ開いている」と考えて、気にせず入ってきて下さいね。

 

夜になると、明るさが逆転するので、内側から外があまり見えなくなります。

 

そんな言い訳をいつも頭の中でグルグルさせつつ店番してます。