ワークショップ【シテンを磨く】 開催しました

1月のギャラリー通信が皆様の元に届き始めて、お客様から蝶と桜のオーナメントご注文と共に「沖縄は桜が咲き始めたよ」お便りをいただいて、宮城の桜はあとどのくらいかな~、と、一緒にワクワクしている店主の米澤です。

新しく始まる季節を目指して、今年1年の新しい出来事を目指して(?)

今月から、月1回のペースで始まった 「実用アート【シテンを磨く】」を昨日開催しました。

 

今回は初めてですし、一番身近にあるものを再発見してみよう!と、皆さんの「手」を描いてもらいました。

 

150128_1.jpg

ご参加いただいたのは、絵が描けたらいいお仕事や、観察力が必要なお仕事の方。

学校を卒業してから鉛筆で描くことはほとんど初めて!という皆様。

苦心しながらも、手の中の「思った以上に○○だったんだね」を探して描いてみました。

 

そして、今回の「身近にあるものを再発見」と一緒に体感してもらったのは「距離を置いてみる」こと。

 

なかなかこれは、言葉で説明できないのですが、写真で皆さん座っている場所から、1mほど離れた場所から自分の絵を見てみると、見え方がまた違う!

真剣に描いている最中には見えなかった「あれ?ここが違う」が目に飛び込んでくる。

「やっぱり、物事、キョリをおいて見てみる!」 (ご参加のS様)

そんなご感想も。

 

仕事で行き詰った時にも役立ちそうなこの感覚。

美大受験の学生の頃、先生達から「離れてみる時間も描く時間と同じように大切」と言われ続けた、デッサンの不思議な経験なのですが、ビジネス書などで「大事だよ」と言われるよりも、実感として体験していただけました(^^)

 

2月には、2つの球体を使って再発見をしてみたいと思います。

ヒントは…「リンゴは何角形でしょうか?」

気になる方は、2月19日仙台のアエル6Fで会いましょう!

 

実用アート「シテンを磨く」の詳細・お申込み方法は、こちらをどうぞ

2月の【実用アート『シテンを磨く』】ご案内

癒しだけではないアートの側面を、ぜひご体験下さい。

 

 

 

150128_2.jpg

話しは変わって、今日の蝶と桜のオーナメント。

ただ今47の蝶と桜がヒラヒラ漂っています(^^)

 

 

そしてゴメンナサイ!

明日1月29日~2月2日は、所用のためギャラリーはお休みします。

2月3日からは通常通り営業致しますm(_ _)m