永井佳奈子展 まるでとりとめのないはなし

永井佳奈子展・まるでとりとめのないはなし
◆期間 11月17日(火)~12月6日/10:00~18:00
※期間中11月24日(火)・30日(月)のみ休廊
※最終日は17:00まで

exi_nagai_1511

【作品紹介】
「小さな頃の落書きがそのまま立体になったような作品だよ」と本人が語る永井佳奈子の作品。
本も車もナベもヤカンも、むかし描いていた、何にでも顔がつく落書きの世界がそのまま、銅や真鍮、アルミといった素材の中から生まれてきます。
「大事にしているのは、クスっと笑えるユーモア」と話す作家。
それぞれの顔に表情はあるものの、あえて感情をこめないことで、見る人があれこれ想像する余地を残す。そこから生まれる、ふとどこかで出会ったことがあるような、今、隣にたたずんでいそうな。初めて出会う金属の人々との、不思議な世界をお楽しみ下さい。

【展覧会について】
いつか聞いたはなし、昨日見た夢、あの日のひとりごと。
物語と呼ぶにはちっぽけで、バラバラのようでどこか繋がっている、はてしなく続くおはなし。
使えるもの、使えないもの、身につけるもの、意味のないもの。金属でできたいろいろなものが並びます。  -永井佳奈子―

【作家プロフィール】
永井佳奈子は1976年東京都生まれ。
1999年に武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザイン学科を卒業後、同大学金工研究室にて勤務。
2005年より東京都府中市に工房を構え、関東を中心に個展・グループ展などを開催。
Gallery・Shinでの個展は2012年に続き2度目の開催です。

 

 

NAGAI Kanako solo exhibition ‘MARUDE TORITOMENONAI  HANASHI’

DATES : 2015. Nov. 17th – Dec. 6th /10am – 6pm (Dec.6th until 5pm)
CLOSE : Nov. 24th, 30th.

Ms. NAGAI describes her artwork as doodles from her childhood, reimagined in 3 dimensions.
In childhood we often imagine faces on inanimate objects such as books, cars, pots and kettles etc.Ms. NAGAI’s works makes these images real, in copper, brass and aluminum.

 

For Ms. NAGAI, the important thing is the ‘unintentional chuckle’.
Every piece has face, but they don’t express feeling.It is for the audience to try to imagine the story of each piece. Maybe these pieces will invoke memories.

 

TORITOMENONAI HANASHI
The pieces are like stories that you had heard before, dreamed last night, murmurs talked to yourself.

These are too small to call story. These pieces are like loosely connected characters, in some limitless story, and it is for the audience to make up their own story.

Please enjoy these ‘metal people’ who you are meeting for the first time or maybe meeting again from own memories.

 

NAGAI Kanako was born 1976 in Tokyo. She graduated from the Musashino Art University of Tokyo in metalcrafts 1999.After receiving her diploma she worked in the Laboratory of metalcrafts at the university. From 2005 she has been creating her artwork in her own studio in Tokyo.