【美術が社会に役立つこと、を考えてます-21】美術館へ!-12
昨日ご紹介した、医学部生がデッサンを学ぶ記事と美術館の共通項があるとしたら。それは「観察すること」「よく見ること」だと思います。この場合の観察とは『漠然と眺めるのではなく、頭を使って積極的に情報を収集すること』(「観察力を磨く名画読解」エイミー・E・ハーマン著/早川書房)です。